プラズマローゲンサプリ情報.net

認知症の種類


認知症はいくつかの種類に分類される

認知症の種類

現在高齢化社会の日本において、認知症の問題は他人事ではなくなりました。家族や親戚など、身内に認知症患者がいるという方も多いのではないでしょうか。

認知症はかつて痴呆症と呼ばれていましたが、差別的という理由から現在の名前に変更されましたね。

認知症というのは総称で、原因疾患によっていくつかに分類されます。

代表的なものは、

  • アルツハイマー型認知症
  • 脳血管性認知症
  • レビー小体型認知症
  • 前頭側頭型認知症

の4つです。

他にはアルコール性認知症、HIVや梅毒感染による認知症、正常圧水頭症、甲状腺機能低下症などがあります。

このうちアルツハイマー型認知症は認知症の中でも一番多いとされていて、認知症の約半数を占めています。名前は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

それぞれの特徴や症状、進行速度の違い

前述のとおり認知症は様々な種類に分けられますが、いずれも「認知障害で知能が後天的に低下した状態」ということは共通しています。

しかし、認知症の種類によって症状や進行の仕方などには共通点もあれば違いもあります。

例えば進行の仕方を比べてみると、

アルツハイマー型認知症
段階を経て徐々に進行していく
脳血管性認知症
脳梗塞や脳出血により急に発症し、その後また脳梗塞や脳出血が起こる度に悪化する
レビー小体型認知症
調子の良い時と悪い時を繰り返しながら進行する
前頭側頭型認知症
進行性だが最初は物忘れの症状がないので認知症と分かりにくく、他の精神疾患と間違われやすい

といった違いがみられます。

またアルツハイマー型は女性に多い、血管性認知症は男性に多いといったように男女で発症率に差があるものもあります。

症状についても、初期症状で物忘れなど記憶障害が目立つもの、幻視やうつ症状が目立つもの、反社会行為や自分勝手な行動など人格変化が目立つものなど様々です。

認知症というと物忘れが激しくなるというイメージが強いですよね。ですから最近何だか家族の様子が変だなと思っても、記憶力低下の症状がないと「認知症かも?」という発想すら出てこないかもしれません。

しかしレビー小体型認知症や前頭側頭型認知症など、認知症の中には初期症状に記憶障害があまり見られないケースもあり、そのため認知症とは分からずに統合失調症やうつ病などと誤診されることも少なくありません。

早期発見・早期治療ができれば進行を遅くしたりといった事も可能になるため、難しいかもしれませんが様子がおかしいと思ったら注意深く症状を観察することが大切です。