プラズマローゲンサプリ情報.net
プラズマローゲンサプリ情報.net > プラズマローゲンについて > プラズマローゲンに副作用はある?

プラズマローゲンに副作用はある?


プラズマローゲンサプリの摂取で気になる事は?

サプリメントの副作用

認知症の予防・改善が期待できるプラズマローゲン。

プラズマローゲンは現在薬ではなくサプリメントとして製品化されています。というのもプラズマローゲンの効果が注目されだしたのはここ数年の話ですし、まだ薬の開発・製品化には至ってないんですね。

ですからプラズマローゲンを摂取したいなら、現時点ではサプリメントで取り入れるのが一般的な方法となっています。

しかしプラズマローゲンを飲んでみたいという方の中には、副作用が気になるという方も多いのではないでしょうか。サプリとはいえ優れた効果が期待できるなら、「その分副作用もあるんじゃないの…?」と不安になりますよね。

特にプラズマローゲンを取り入れてみようかなと検討しているのは40代~60代くらいの中高年の方が多いと思いますが、それくらいの年代になると何らかの持病があって薬を服用している方が大半でしょう。そうなると薬との飲み合わせも気になりますよね。

プラズマローゲンを摂取するにあたって気を付けるべきことはあるのでしょうか。

プラズマローゲンの副作用・飲み合わせについて

気になるプラズマローゲンサプリの副作用ですが、特に心配する必要はなさそうです。元々鶏胸肉やホタテ貝などの食品に含まれる成分ですし、現在のところ副作用の報告もなく安全性は高いと言えそうですね。

ただし、原材料に対するアレルギーをお持ちの方はアレルギー反応を起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

また薬との飲み合わせについてですが、現在認知症薬として最も利用されているアリセプトという薬と一緒に飲んでも特に問題はないようです。

ただ持病によって認知症薬以外の薬を飲んでいる方もたくさんいらっしゃると思います。それらの薬との飲み合わせが心配な場合は念のためかかりつけの医師に確認した方がいいでしょう。

現在認知症薬として使われているのはあくまで進行を遅らせたり周辺症状を緩和するためのものです。病院で処方される薬だけでなく、もっと積極的に認知症改善に向けて頑張っていきたいという方はぜひプラズマローゲンサプリを取り入れてみてはいかがでしょうか。